檀家とは

代々に渡って供養や法要をしてもらっている寺院を菩提寺と呼び、菩提寺を利用している人たちのことを「檀家」といいます。

 

手厚い供養を受けることができたり、お盆などでも優先して法要を行ってもらえたり、法事や供養などに関することについて、相談することができます。

 

檀家になるには、入檀料や志納金が必要な場合もあり、菩提寺の宗派やしきたりに沿うこととなりますので、葬儀の地域なども限られるので、留意しておきましょう。