レオブログ

お墓の引越し(改葬)とは

お墓の引越し(改葬)とは?

 

改葬とは、一度埋葬したご遺骨やお墓などを、他のお墓や納骨堂に移すことです。

 

改葬にあたって、「以前のお墓から墓石を移す」か「遺骨のみにする」という選択があります。これは、「区画が狭い」「霊園の基準に合わない」等の理由で、引っ越し先の霊園に墓石を移せないことが多いためです。墓石を移転したいときは、新しい霊園を決める段階から、条件に合うところを探す必要があります。

 

また、遺骨のみを移す場合でも、「遺骨を全部移す」「たくさんある遺骨の一部のみを移す」「骨壺の中から一部の骨を分骨する」という選択肢もあります。どれを選択するかは、それぞれの事情にもよりますが、選択肢によっては役所などの手続きにも違いがあります。

 

お墓の引越し(改葬)をする理由は?

 

改葬の理由は様々です。「お墓が遠くて墓参り等、維持管理が大変」「お寺との関係維持が困難」「家族が親戚から言われた」など。

 

結婚や就職・転勤などの理由により、故郷から遠く離れてしまいお墓参り・墓守りが遠くて大変といった事が主な理由です。

 

お墓の引越し(改葬)の相場(費用・時間)は?

 

お墓のお引越し(改葬)にかかる費用の全国平均は約300万円となっています。

 

300万円の内訳は、移転先で50万円、移転費や諸費用で30万円、移転先で220万円となっています。移転先では新しいお墓を作るので費用がかさむのですが、移転元や移転費などでもかなりの費用がかかります。

 

また、移転を考え始めて完了するまで、だいたい半年から1年位は見込んでおいた方が良いでしょう。

 

お墓の引越し(改葬)の方法は?

 

改葬は気軽に行えるものではありません。色々な手続きが必要で、時間も費用もかかります。

 

法律により「改葬を行おうとするものは、市町村の許可を得なければならない」と定められているため、お墓のある市町村の許可が必要になります。

 

公共墓地の場合は「墓地返還届」と「改葬許可申請書」を、個人墓の場合は「改葬許可申請書」を取得し、ご遺骨を移す先の霊園の受入証明書などと一緒に自治体に提出し許可を得ます。許可提出後は、魂抜き(抜魂式)・遺骨取り出した後、お墓の閉眼供養を行います。供養後は、墓地・墓石の解体・撤去処分を行います。

 

改葬は個人でも出来ますが、墓地によって必要な書類が違うため、いざ手続きをしようと思っても大変困難な場合があります。できれば専門の業者に委託されると安心です。

年末年始休業日のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を年末年始の休業とさせていただきます。

 

20181228日(金)から
20190106日(日)まで

 

休業期間中にいただきました、各種お問い合わせにつきましては、休業明けより順次対応させていただきます。

 

お客様にはご不便おかけいたしますが、
何卒ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

社屋(工場)屋根に鳩除けネット設置(倉敷市)

初夏の頃、倉敷市の自動車工場さまよりご依頼いただき、

工場屋根に鳩除けネットを設置させていただきました。

 

 

アップするとこんな感じ。

 

 

鳩は狭いすき間でも潜り込み、巣を作ります。

 

レオ・コーポレーションでは、鳩除け・害鳥対策だけではなく、

イタチ、ネズミ、ハクビシン、アライグマ、タヌキといった害獣駆除もしております。

 

鳥獣による被害でお困りの方、お気軽にご相談ください。

生前整理の始め方は?

まずは「財産リスト」を作るとよいでしょう。

財産目録を作成することで、家族間のトラブルや相続にかかる税金が必要かどうかが分かりやすくなります。

 

記載する財産はプラスもマイナスも含め、お金に関わるものやお金に換えることができるものです。

記載項目の一例は以下の通りです。

 

プラスの財産 マイナスの財産
・土地
・建物
・預貯金
・現金
・有価証券
・自動車
・美術品
・家具
・借金
・未納の税金
・債務

 

重要書類と一緒に所在と金額を明らかにしておくと、いざという時に家族の探す手間が省けます。

また借金も相続の対象となりますので、必ず忘れずに記載しておきましょう。

 

関連ページ:終活相談遺品整理古物買取

生前整理のコツは?

生前整理を始めようとすると、張り切って全部終わらせようと思いがち。

しかし、長年愛用した品や思い出のある品を片付けようとするとすぐには終わらないでしょう。

 

生前整理をするコツは「小さなものから少しずつ」です。

今日は写真と文房具類を片付ける、明日は財産をまとめようなどと、負担にならない範囲から始めてみましょう。

 

関連ページ:遺品整理終活相談古物買取

遺品整理ページを更新しました

生前整理業者の選び方は?

生前整理は自分でできる作業と業者を利用した方がよい作業があります。

 

財産の整理やエンディングノートの作成などは自分で行う部分です。しかし、家のものの整理や不用品の処分は業者に任せることができます。

 

自分でできる部分は自分で、業者に任せられるところは任せてしまうのも賢い方法です。

 

【失敗しない業者選びのポイント】

  • 見積書・領収書を提出する業者
  • 自治体の許可を得ている業者
  • 遺品整理業の実績がある
  • 遺品整理士がいる
  • 料金形態がわかりやすい・適正価格である

 

関連ページ:終活相談遺品整理古物買取

生前整理を行うメリットは?

生前整理をすることで部屋の中が片付き、自分の生活が楽になるなど、生前整理のメリットは様々あります。

 

【生前整理を行うメリット】

  • 残された人生でやりたいことが明確になる
  • 相続関係を整理することができる
  • 残された家族に迷惑をかける心配がなくなる
  • 子供の負担が少なくなる
  • 安全で健康的な生活を送ることができる など

 

生前整理は、残された家族だけでなく自分のためにも良いことです。
自分のことは自分でできる元気な内に、終活の一環としてされることをおすすめいたします。

 

関連サービス:遺品整理終活相談

夏季休業のお知らせ

夏季休業期間

8月11日(土)~ 8月16日(木)

 

日頃よりレオ・コーポレーションをご愛顧いただきまして誠にありがとうござます。

誠に勝手ながら、2018年8月11日から16日までを夏季休業とさせていただきます。

 

なお、休業期間中のお問い合わせフォームからのお問い合わせにつきましてのお返事は8月17日以降となります。

 

今後ともレオ・コーポレーションをよろしくお願い申し上げます。

 

 

遺品整理で捨ててはいけないもの

 

遺品整理で何を残して、何を処分するかは、人によって違ってくると思います。

 

ある人にとっては価値のないものでも、他の誰かにとっては、故人を偲ぶかけがえのない品物だったりします。

 

遺品整理業者に依頼する場合、事前に何を残すのか、何を処分すべきなのかは、ご遺族の方で事前に相談しておくとよいでしょう。

 

その際、整理業者の方でも分かる様に「捨ててはいけないものリスト」を作成して、当日スタッフに渡しておけば、誤って捨てられてしまうリスクを軽減することができます。

 

遺品整理で捨てないように気をつけたいものとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

 

【遺品整理で捨ててはいけないものリスト】

  •  現金
  •  通帳
  •  証券
  •  印鑑
  •  身分証明書
  •  人から借りていて返却が必要な物
  •  医療器具など病院に返却が必要な物
  •  鍵類
  •  遺書
  •  古美術品(価値のある品)
  •  故人が大切にしていた物やアルバムや手紙など
  •  その他、思い出があって残したい物

 

ちなみに、弊社にご依頼いただきました場合、上記「遺品整理で捨ててはいけないものリスト」をご準備いただかなくても、発見した際には、大切に保管して、作業終了と共にご遺族の方にお渡ししております。また、作業に入る前にご遺族の方に必要な物を回収していただく様にしております。


 

◆遺品整理に関するお問合せはこちらまで◆

【電話】0120-76-0058 ※受付時間:平日 午前9時~午後6時(土日祝日は休み)
【メール】メールフォーム

 

関連ページ:遺品整理