遺品整理で捨ててはいけないもの

 

遺品整理で何を残して、何を処分するかは、人によって違ってくると思います。

 

ある人にとっては価値のないものでも、他の誰かにとっては、故人を偲ぶかけがえのない品物だったりします。

 

遺品整理業者に依頼する場合、事前に何を残すのか、何を処分すべきなのかは、ご遺族の方で事前に相談しておくとよいでしょう。

 

その際、整理業者の方でも分かる様に「捨ててはいけないものリスト」を作成して、当日スタッフに渡しておけば、誤って捨てられてしまうリスクを軽減することができます。

 

遺品整理で捨てないように気をつけたいものとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

 

【遺品整理で捨ててはいけないものリスト】

  •  現金
  •  通帳
  •  証券
  •  印鑑
  •  身分証明書
  •  人から借りていて返却が必要な物
  •  医療器具など病院に返却が必要な物
  •  鍵類
  •  遺書
  •  古美術品(価値のある品)
  •  故人が大切にしていた物やアルバムや手紙など
  •  その他、思い出があって残したい物

 

ちなみに、弊社にご依頼いただきました場合、上記「遺品整理で捨ててはいけないものリスト」をご準備いただかなくても、発見した際には、大切に保管して、作業終了と共にご遺族の方にお渡ししております。また、作業に入る前にご遺族の方に必要な物を回収していただく様にしております。


 

◆遺品整理に関するお問合せはこちらまで◆

【電話】0120-76-0058 ※受付時間:平日 午前9時~午後6時(土日祝日は休み)
【メール】メールフォーム

 

関連ページ:遺品整理