遺品整理

遺品整理の仕方を教えてください(本・書籍)

遺品として残された本(書籍、文献、文庫本など)は、古本屋やリサイクルショップで買い取ってもらうのがよいでしょう。

 

しかし、そういった業者を利用された方は経験されていると思いますが、書籍のリサイクルは少し汚れているだけでも買い取ってもらえないケースがほとんどです。

 

専門書の場合は、一般の文庫本に比べて需要が少ないため、一般的なリサイクルショップに持ち込むよりは、専門書を専門に取り扱う業者を、インターネット等で探して買取りを相談されるのが良いでしょう。

 

また、故人が大切にされていた書籍は「図書館に寄贈する」という手段もあります。寄贈を望まれる場合は、寄贈したい図書館に問合せされるのが一番です。

 

忙しかったり、量が多い等の理由により処分が困難な場合は、専門業者を利用されるのも一つの方法です。
遺品整理を専門にされている業者であれば、故人の想い、遺族の想いを大切に、丁寧な仕事を心掛けてくれるでしょう。


遺品整理の仕方を教えてください(食器類)

衣類同様に、遺品の中には故人が集められたり愛用されていた食器類(陶器、ガラス器など)がたくさんあると思われます。

 

箱が綺麗に残っている場合は、リサイクルショップ等で買い取ってくれる場合がございます。
また、箱が汚れている場合でも、ブランド品であればリサイクルショップで買い取ってくれたり、ネットオークションに出品すれば落札される場合もございます。

 

もちろん「新品同様」や「未使用品」であるに越したことはありませんが、若干のキズや汚れがあったとしても、骨董品、アンティークとしての価値があれば、コレクターにとって魅力的な品になります。
気になる品がある場合は、専門の業者(古物商取引の資格を有している業者)に見てもらうと良いでしょう。(できれば複数社に見てもらうのが良いです)

 

また、金銭的価値がない品でも、故人との思い出の詰まった品であれば、数点のみ手元に残されて普段使いにされたり、飾られるのも良いと思われます。


 

◆遺品整理に関するお問合せはこちらまで◆

【電話】0120-76-0058 ※受付時間:平日 午前9時~午後6時(土日祝日は休み)
【メール】メールフォーム

 

関連ページ:遺品整理


遺品整理の仕方を教えてください(衣類)

遺品の中には故人の衣類もたくさんあるかと思います。
ブランド品であれば、リサイクルショップで買い取ってもらったり、ネットオークションに出品してみるのもよいです。

 

この場合「見た目のきれいさ」がポイントになります。
汚れや傷み、色あせのあるものはリサイクルショップで買い取ってもらえませんし、オークションで落札されたとしても、届いた後で落札者からクレームが来て面倒な事になるかも知れませんので、止めた方が良いかと思いますが、手入れすることできれいになるものは良い状態に生き返らせましょう。

 

忙しくて処分する時間と手間が無い場合は、専門業者を利用するのも一つの手です。
依頼主様同席の元、現地確認、事前見積りを提示する業者もいますので、何社かに問い合わせてみられるのも良いでしょう。


 

◆遺品整理に関するお問合せはこちらまで◆

【電話】0120-76-0058 ※受付時間:平日 午前9時~午後6時(土日祝日は休み)
【メール】メールフォーム

 

関連ページ:遺品整理


身内の孤独死が発覚。まず何から始めたらいいのでしょうか?

A.この度は、誠にご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。

 

まず、必ず警察へ届け出てから、ご家族や保証人と今後について話しましょう。

 

警察が事件性がないと判断して初めて、室内に立ち入ることができるようになりますので、それまでにご家族や保証人と今後のことについて話し合っておきましょう。
具体的に、すぐに決めるべきなのは、「葬儀について」「部屋の清掃(消臭・害虫駆除など)」「遺品の整理や搬出」などの方法と費用負担のことです。
葬儀後、部屋の清掃や遺品整理をした後、故人の住民票・税金・年金・保険など、様々な届け出を行う必要があります。

 

これらの話し合い、作業、手続きなどは殆どの場合は避けることができず、慌ただしい状況となるでしょう。
場合によっては大変複雑化しますので、始めの段階で、これらを請け負ってもらえる業者に相談するのも良いでしょう。

 
 

レオコーポレーションでは、お墓の事前雑談・遺品整理・特殊清掃・諸手続きなど、葬儀前後のお悩みを総合的に解決、お手伝いいたします。
お力になれることがございましたら、ご相談ください。

 

お問合わせはこちら

レオ・コーポレーションの電話番号 0120-76-0058  メールフォーム

 
関連サービス > 遺品整理 / お墓


親子間の資金の移動に、贈与税は発生しますか?

A.親子間であっても、贈与税は発生します。

 

しかし、年間110万までは非課税となっており、それ以下の金額であれば発生しません。

相続税も贈与税もかけずに資金移動をしたい場合、年間110万円以下を分割して渡していくと良いでしょう。

 

レオコーポレーションでは、司法書士の紹介も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

相続に関わる費用をできるだけ安くしたいなどの相談も可能です。
 

お問合わせはこちら

レオ・コーポレーションの電話番号 0120-76-0058

メールフォーム

 

関連サービス > 遺品整理


故人が所有していた人形やぬいぐるみの処分方法


「人形供養」をしていただくのが良いでしょう。

 

古来より人形等には「魂が宿る」とされ大切に保存されてきました。それ故に、処分方法についてお困りの方も少なくありません。

 

寺院によっては「人形供養」として供養して下さる所もございますので、お世話になっている寺院があればそちらにご相談いただくのが良いかと思われます。


古い切手。賢い処分方法を教えてください。

A.当社では、古い切手の買取はしておりません。

 

8885c21e7d261fc02217bf5d54966208_s手間をかける事が可能であれば、ネットオークションを利用されるのも一つの手段ですが、先ずは専門の業者に相談されるのがよいでしょう。

 

関連サービス > 古物買取


岡山で古家を解体するのに費用はいくらかかりますか?


解体費用は坪単価・家の大きさで異なります。

 

岡山の相場(例)

 

[坪単価]:50,000円

[家の大きさ]:40坪(一階:25坪・二階:15坪)

[解体費用]40(坪)×50,000(円)=2,000,000円

 

単価が割高になるケース

 

解体用の重機が入らない狭い場所、(一般住宅ではほとんどありませんが)アスベストを使用した建材がある場合、交通整理が必要な場合等は、その分必要経費がかさみ、単価が割高になる傾向があります。

 

解体業者の選び方

 

解体業者、数社から見積りを取れば、だいたいの相場が分かります。

見積もりの内容も、一式でまとめて提示してくる業者より、内訳を細かく説明してくる業者の方が、信頼が置ける業者だと思われます。

 

※内部不用品は解体費用に含まれない場合がございます。

 

岡山での古家の解体はお任せください!

 

当社は、信頼のおける解体業者と提携して古家の解体サービスも行っております。

解体処分の困難な土壁の家屋も対応可能です。

 

また、建物内の不用品も回収いたします。

遺品整理の専門家である「終活カウンセラー」が、責任を持って対応させていただきます。

 

出張無料でお見積りにお伺いいたします(岡山県全域対応)。

お困り事がございましたら何でもご相談ください。


汚部屋はどうすればいいの?

A.汚部屋の場合は、片付けと掃除が発生します。

 

4572d910206a776be6d3d5ebccb1b880_m当社は必要に応じて、専門業者と連携するなど、最適な片付けを提供できます。

 

まずは、お見積もりのため、伺わせていただきどのようにしたらいいかご提案します。

 

関連サービス > 遺品整理