葬儀の種類にはどんなものがありますか?

密葬

一般の方を呼ばずに身内だけで行う葬儀のことです。

 

家族葬

近親者だけで葬儀を行うということではなく、故人と親しかった親族や友人だけで、ゆっくり故人を偲びお別れをする規模の小さな葬儀のことです。
親しい人たちだけの葬儀で、故人とのお別れに重点を置いた内容となります。
宗教、無宗教を問わず、とくに決まった形式があるわけではなく、仏式であれば僧侶に読経をお願いして葬儀を行います。
最近は、故人をよく知っている人たちだけで心を込めて見送りたい、また経済的負担を軽減したいと思う遺族も多く、家族葬は年々増加傾向にあります。

 

友人葬

創価学会の葬儀を友人葬と呼び、会員が集まって葬儀をします。
僧侶は呼ばず、戒名もつけず、亡くなる前の名前をそのまま俗名とします。

 

直葬

通夜や葬儀を行わず、近親者や友人など限られた関係者だけが火葬場で故人に別れを告げる弔い方です。

 

一日葬

通夜を省き、葬儀と告別式のみを行う形式です。
参列者の都合などで、通夜と葬儀を2日間に渡って行うのが難しい場合に行うことが多いです。

 

関連サービス > お墓