父、母から土地・家を譲り受けるときの名義変更や税金など、どんな費用が発生しますか?

A.生前であるか、死後であるかで費用が変わります。

 

所有者(名義人)が生きているうちに名義変更するということは、土地や家を「贈与」されたことになり、贈与税+登録免許税+不動産所得税が必要となります。
所有者が亡くなった際に名義変更をする場合、「相続」となり、相続税+登録免許税が必要となります。

 

具体的な費用は、不動産の評価額によって変わるため、「固定資産税納税通知書」や「固定資産税評価証明書」を参照の上、計算が必要になります。

 

レオコーポレーションでは、司法書士の紹介も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
 

お問合わせはこちら

レオ・コーポレーションの電話番号 0120-76-0058

メールフォーム

 

関連サービス > 遺品整理